競馬

【競馬】JRA騎手G1未勝利レースをまとめてみた

2019-12-14

たお

武豊騎手やM.デムーロ騎手、C.ルメール騎手はどのG1レースにまだ勝っていないんだろう?

本記事では、このような疑問に答えていきます。

本記事の内容

毎年、年末のG1シーズンになると、盛り上がることが1つあります。

それは武豊騎手のJRAのG1レースの全勝利、つまり完全制覇です。

というのも、JRAのG1レースは全部で23レースありますが、その中で武豊騎手が未勝利なのは下記の2つのみです。

さらに、どちらのG1レースも12月に行われるからです。

  • 朝日杯フューチュリティステークス
  • ホープフルS

そのため、毎年年末になると、記録達成が期待されています。

※ちなみに、朝日杯フューチュリティステークス、ホープフルSはどちらも2歳限定戦ですね。

また、最近はM.デムーロ騎手とC.ルメール騎手がG1を勝ちまくっており、こちらも未勝利レースが少なくなってました。

そこで、本記事ではJRAの騎手毎に、G1の通算勝利数とG1未勝利レースを一覧にして、まとめてみました。

JRAのG1通算勝利数一覧

下記表に、騎手毎に勝利G1と勝利数をまとめました。

データは2022年2月22日時点、通算のJRAのG1レース勝利数が10勝以上の騎手のみを抽出し、記載しています。

データの出典元:レース成績データ JRA

騎手別のJRA未勝利G1レース一覧 (通算G1 20勝以上のみ)

①武豊騎手:残り2レース

朝日杯FS、ホープフルS

②C.ルメール騎手:残り5レース

高松宮記念、大阪杯、宝塚記念、朝日杯FS、ホープフルS

③M.デムーロ騎手:残り5レース

天皇賞(春)、ヴィクトリアマイル、安田記念、秋華賞、阪神ジュベナイルF

④蛯名正義騎手:残り6レース

フェブラリーS、大阪杯、NHKマイルC、日本ダービー、チャンピオンズC、ホープフルS

⑤横山典弘騎手:残り8レース

フェブラリーS、高松宮記念、大阪杯、桜花賞、秋華賞、ジャパンC、チャンピオンズC、ホープフルS

⑥福永祐一騎手:残り9レース

大阪杯、天皇賞(春)、ヴィクトリアマイル、宝塚記念、スプリンターズS、ジャパンC、マイルCS、チャンピオンズC、有馬記念

⑦岩田康成騎手:残り9レース

大阪杯、NHKマイルC、ヴィクトリアマイル、天皇賞(秋)、エリザベス女王杯、チャンピオンズC、阪神ジュベナイルF、有馬記念、ホープフルS

⑧池添謙一騎手:残り9レース

フェブラリーS、大阪杯、天皇賞(春)、NHKマイルC、ヴィクトリアマイル、天皇賞(秋)、チャンピオンズC、朝日杯フューチュリティS、ホープフルS

地方のG1通算勝利数一覧

参考に、地方G1レースもまとめてみました。

データは2022年2月22日時点、通算の地方G1レースの勝利数が5勝以上の騎手のみを抽出し、記載しています。

武豊騎手は、地方ではG1完全制覇を既に達成済みですね。

また、幸騎手と内田騎手も未勝利レースが残り3レースのみと、記録達成に期待がかかります。

両騎手とも、完全制覇に向けて頑張ってほしいです。

データの出典元:レース一覧|ダートグレード競走|地方競馬情報サイト

※地方レースの購入は、楽天競馬やオッズパークだと登録が簡単です。

楽天競馬
オッズパーク

-競馬

© 2021 たおさんのMyanmar Life