ライフハック

【Skype】会議用のURLを発行し、会議へ招待する方法

2020-06-07

たお

「個人用のSkypeでも、TeamsやZoomのように、会議用のURLを作成できるのかな?」

「個人用のSkypeで、テレビ会議用のURLを発行して、参加者に事前にお知らせする方法が知りたい」

本記事では、このような疑問に答えていきます。

本記事の内容

今回は、個人用のSkypeをお使いの方に向けて、ビデオ会議用のURLを発行する方法を解説します。

というのも、仕事用のテレビ会議ツールとして、Microsoft TeamsやZoom、Skype for businessをご利用されている方が多いと思います。

一方で、プライベートでのオンライン飲み会などで、個人用のSkypeをお使いの方も多いと思います。

というのも、利用者が多く、手軽に使えるからです。

しかしながら、多人数が参加するオンライン飲み会を行うには、参加用のURLを事前に発行しておく必要があります。

実は、個人用のSkypeにも、URLを発行することができます。

そこで今回は、個人用のSkypeにてURLをし、招待する方法をご紹介します。

本記事の信頼性

実際に筆者は個人用のSkypeを用いて、URLを発行し、オンライン飲み会をしたことがあります。

本記事は、その時の経験を基に執筆しています。

また、PCを使った方法とスマートフォンのアプリを使う方法の2つの方法を紹介しています。

PCを使う方法

手順①Skypeを立ち上げる

Skypeを起動し、ログインします。

手順②会議を作成する

左上にある「会議」をクリックします。

もし下記の画面が表示された場合は、続行をクリックします。(初回起動時のみ、表示されるようです。)

手順③URLをコピーする

下記画面で書類マークをクリックすると、URLがコピーされます。

このURLを参加者に配ればOKです。

ちなみに、参加者はアカウントもSkypeアプリも不要で、Webブラウザから参加できます。

もしURLをGmailで送りたい場合は、「招待を共有」→「Gmail」をクリックすると、メールの新規作成画面が立ち上がります。

スマートフォンのアプリを使う方法

手順①Skypeアプリを起動する

Skypeアプリを起動し、右上のビデオカメラのマークをクリックします

手順②URLをコピーする

「リンクをコピー」をクリックして、このURLを参加者へ配布します。

無料版のMicrosoft Teamsをお使いの場合

無料版のMicrosoft Teamsでも会議用URLを作成できますので、お使いの方は下記をご覧ください。

-ライフハック

© 2021 たおさんのMyanmar Life