ミャンマー生活

ミャンマーのコード決済・CityRewardsを使ってみた

2020-04-02

たお

日本ではPaypayやLINE Payなど、コード決済が流行っているけど、ミャンマーでもコード決済サービスってあるのかな?

本記事では、このような疑問に答えていきます。

本記事の内容

今回は、ミャンマーでのコード決済サービスの中でも、CityRewardsについてご紹介します。

というのも、日本と同じく、ミャンマーでもキャッシュレス決済が普及しており、コード決済や電子マネーがあります。

私が知っているだけでも、下記の様なサービスがあります。

ミャンマーの決済サービス

  • 銀行系
    ・CB Pay
    ・KBZPay
    ・Wave Money (通信事業者と銀行のJV)
  • 通信事業者系
    ・MPT Money
    ・Mytel pay
  • 小売り系
    ・CityRewards
  • スタートアップ系
    ・OK$

その中でも、私の生活動線としてよくCityMartやmarketplaceに行くので、今回はCityRewardsを使ってみました。

ちなみに、CityRewardsは、CityMartやmarketplaceをはじめ、スーパーのOceanやパン屋さんのSeasonsなど、下記店舗で使うことができます。

出典:CityRewards

本記事の信頼性

本記事は、筆者が実際にミャンマーでCityRewardsを使った経験に基づいて、執筆しています。

登録手順

利用にはアプリの設定が必要ですので、その手順を解説していきます。

手順①アプリのインストール

App Store/Google Playから「City Rewards」アプリをインストールします。

City Rewards

City Rewards

City Mart Holding Company Limited無料posted withアプリーチ

手順②アプリの起動

アプリを起動し、「SIGN UP」をタップします。

手順③利用規約の確認

「I accept terms & conditions」にチェックを入れ、「CONTINUE」をタップします。

手順④パスポート情報の登録

Passportの名前とパスポート番号を入力し、「DONE」をタップします

手順⑤電話番号とパスワードの設定

携帯電話番号とパスワードを入力し、「SIGN UP」をタップします

手順⑥SMS認証

先ほど入力した携帯電話番号へSMSにて認証コードが送られてくるので、入力します。

手順⑦個人情報の登録

自分の名前、性別、誕生日を入力します。

手順⑧暗証番号の設定

数字6桁で暗証番号を設定します。

これで登録完了です。

QRコードの表示方法

City Rewardsアプリを開くと、下記の様な画面が表示されます。

QRコードを表示するには、「PAY OR TOPUP」をタップします。すると、下記のようにQRコードが表示されます。

Top up

登録後は残高が0なので、まずはじめにお金を入れなければなりません。

日本でいう、チャージをする必要があります。

ミャンマーではチャージすることをTop up(トップアップ)といいます。

Top upは各スーパーなどのCustomer Service Counterでできます。(通常のレジではできません)

アプリの画面を見せながらTop upと言うと伝わりますので、Top upしたい金額を伝え、現金を渡します。

決済方法

レジにてCityRewardsでのPaymentと伝え、アプリの画面を見せます。

そして、QRコードをバーコードリーダーにかざすと、支払いができます。

ちなみに、支払いを現金やカードにして、ポイントだけ貯める、ということもできます。

こちらも同じ手順でQRコードをバーコードリーダーにかざせばOKです。

-ミャンマー生活

© 2021 たおさんのMyanmar Life