ライフハック

FFFTPの転送速度が遅いときに早くする方法

たお

FTPで大量のファイルをアップロードしたりダウンロードしたりするとき、転送に時間がかかるなぁ。。。もっと早くする方法はないかな?

本記事では、このような疑問に答えていきます。

本記事の内容

今回は、FFFTPをお使いの方に向けて、ファイル転送を早くする方法を解説します。

本記事の信頼性

本記事は、筆者が実際にFFFTPを利用しており、FTPのファイル転送を高速化した経験に基づいて、執筆しています。

というのも、ファイルサーバーからファイルをFTPで約10,000ほど、ダウンロードしなければならないことがありました。

その際に、FTPクライアントとしてFFFTPを使っていたのですが、一向に終わる気配がなく、もっと早くする方法を調べ、解決できたため、記事にしています。

FFFTPでファイル転送を高速化する方法

結論として、同時接続数を最大の4まで増やします。

というのも、FFFTPではデフォルトで同時接続数が1になっており、ファイルを1つ1つしか転送しません。

そのため、この同時接続数を4にすることで、一気に高速化を図ることができます。

設定手順

手順①ホストの設定を開く

FFFTPを起動し、高速化したいFTP設定を選択し、「設定変更」をクリックします。

手順②最大同時接続数を変更する

特殊機能タブから、最大同時接続数を「4」にします。(4が最大で、1が最小です。)

最後に、「OK」をクリックして閉じます。

手順③ファイルを転送する

実際にファイルを転送してみます。

いままでは、転送時のステータスウィンドウが1つしか表示されていませんでした。

しかし、最大同時接続数を4へ増やしたため、ステータスウィンドウも4つ表示され、別々のファイルが転送されるようになります。

転送エラー時の表示について

転送時にエラーがあると、下記の様なメッセージが表示されます。

通常は「後で上書き」→「以降全て」を選んでおけば、再度接続して転送くれます。

ちなみに、エラーメッセージの意味は、下記の通りです。

  • 後で上書き:ファイルを再度、0から転送し直す。
  • 後でレジューム:ファイルをエラーが出て中断した途中からやり直す。ファイルサイズが重く、接続が切れてしまう場合に使うとよい。
  • ダウンロードしない:エラーが出たファイルの転送を中止する。

また、ファイル転送の度に聞かれないようにするには、ホスト設定の特殊機能タブから、あらかじめエラー時の処理を指定することができます。

-ライフハック

© 2021 たおさんのMyanmar Life