ライフハック

iPhoneでTwitterからYouTubeをアプリで開く方法

たお

iPhoneでTwitterアプリを使っているんだけど、YouTubeのリンクを開いても、Twitterアプリ内のブラウザで開いてしまうなぁ...。YouTubeのアプリで開くようにしたいんだけど、方法はないのかな?

本記事では、このような疑問に答えていきます。

本記事の内容

今回は、iPhoneでTwitterアプリをお使いの方に向けて、タイムラインのYouTubeリンクをYouTubeアプリで開く方法を解説します。

というのも、iPhoneでTwitterアプリを使っていると、ツイートにYouTubeへのリンクをタップすると、YouTubeアプリではなく、アプリ内ブラウザで開いてしまいます。

例を示します。左側がTwitterのタイムラインです。

タイムライン上のYouTubeへのリンクをクリックしても、YouTubeアプリが立ち上がらず、右側のようにアプリ内ブラウザで開いてしまいます。

アプリ内ブラウザで開くと、YouTubeへログインがされていないため、履歴、保存(お気に入り)、評価が同期されません。

例えば、後で観よう考えているときに、お気に入りに追加したり、履歴に残らないことがとても不便です。

そのため、今回はその解決策を説明します。

本記事の信頼性

本記事は、筆者が実際にiPhoneを利用しており、TwitterアプリからYoutubeアプリを開いた経験に基づいて、執筆しています。

結論

色々調べたのですが、残念ながら、現状、iPhoneでTwitterアプリのリンクをタップしたときに、直接YouTubeアプリへ移動する方法はありません。

しかしながら、代替案として、一旦Twitterアプリ内ブラウザで開いた後に、YouTubeアプリへ移動する方法があります。

今回は、その方法を説明します。

解決方法

その①:パソコン版をタップする

アプリ内ブラウザに飛んだあと、右上のメニューからパソコン版をタップします。

すると、YouTubeアプリが起動します。

その②:YouTubeアプリのリンクをタップする

アプリ内ブラウザに飛んだあと、上にYouTubeアプリのリンクが表示される場合、「開く」をタップすると、YouTubeアプリが起動します。

なぜYouTubeアプリで開く必要があるのか

現状、私がYouTubeアプリではなくアプリ内ブラウザで開いてしまうことで、不便を感じているのは下記3つです。

  • 保存(お気に入り)がアカウントに同期されない
  • 履歴がアカウントに残らない
  • 評価(Good/Bad)がアカウントに同期されない

実は、動画視聴自体にはあまり不便を感じておらず、どちらかと言うと履歴や評価アカウント同期ができないことに不満があります。

今回の手順で、無事解決できました。

-ライフハック

© 2021 たおさんのMyanmar Life