ライフハック

iPhoneで歩数がカウントされない時の対処方法【万歩計】

たお

iPhoneの歩数計の機能を使いたいんだけど、全然歩数が増えないなぁ...。どうやったらカウントしてくれるんだろう?

本記事では、このような疑問に答えていきます。

本記事の内容

今回は、iPhoneの歩数計がうまく動かないときの対処方法について、解説します。

というのも、iPhoneのヘルスケアアプリには、歩数計の機能がついています。

しかし、機能をオンにしないと、下記のように「データがありません」と表示されてしまい、きちんとカウントしてくれません。

そこで今回は、iPhoneの歩数計をオンにする方法について、解説したいと思います。

本記事の信頼性

本記事は、筆者が実際にiPhoneを利用しており、歩数計の機能をオンにした経験に基づいて執筆しています。

歩数計機能を有効化する方法

手順①:プライバシーを開く

iPhoneの設定(⚙)を開き、「プライバシー」をタップします。

手順②:モーションとフィットネスを開く

「モーションとフィットネス」をタップします。

手順③:フィットネストラッキングをオンにする

「フィットネストラッキング」をタップし、オンにします。

これで歩数計の機能がオンになります。

歩数の確認の仕方

手順①:ヘルスケアアプリを起動する

ホーム画面から、ヘルスケアアプリをタップし、起動します。

ヘルスケアアプリは標準でインストールされています。

手順②:ブラウズをタップする

画面の下にある「ブラウズ」をタップします。

手順③:歩行をタップする

ブラウズを少しスクロールさせ、「歩行」をタップします。

すると、下記の様に、歩数計に関する情報が表示されます。

Apple Watchについて

iPhoneには歩数計の機能がついていますが、もちろんiPhoneを持ち歩いていない時は計測されません。

その対策として、Apple Watchがあります。

Apple Watchを使っていると、iPhoneが無くてもApple Watchを身に付けているときの歩数をカウントしてくれます。

Apple Watchはスマートウォッチやウェアラブル端末とも呼ばれており、歩数計だけではなく、睡眠時間や心拍数など、健康に関するデータを取ってくれます。

普段の睡眠時間や運動量などを数値にして、"見える化"し、管理を行うことは、健康への第一歩です。

ご興味がある方は、ぜひぜひ、使ってみてくださいね。

-ライフハック

© 2021 たおさんのMyanmar Life