ライフハック

超快適!ペーパータオルを取りやすくする方法

たお

ペーパータオルって、少なくなってくると、取り出しにくいなぁ...。取り出しやすい方法はないのかな?

本記事では、このような疑問に答えていきます。

本記事の内容

今回は、ペーパータオルを取りやすくする方法について、解説していきます。

というのも、ペーパータオルを袋のまま使っていると、最初の方は問題ないのですが、量が少なくなってくると、紙が下に落ちてしまい、非常に取りづらい状態になります。

誰でも、こういった経験はありませんか?

一方、ペーパータオルケースを使う方法もあります。

しかし、無くなるたびに、袋から取り出すのが面倒・・・、と思いませんか?

そこで、今回は袋から取り出さないで、ペーパータオルを取り出しやすくする方法について、解説していきます。

本記事の信頼性

本記事は、筆者が実際にペーパータオルを利用しており、取りやすくした経験に基づいて、執筆しています。

解決策

結論として、ペーパータオルケースを紙を袋から取り出さずに利用します。

ペーパータオルケースは、下記の様な、色のついたものを利用します。

というのも、ペーパータオルケースは透明のものが非常に多いのですが、透明だと、紙が袋の中に入っている状態が丸見えになってしまいます。

そのため、透明ではなく、色のついたケースを利用します。

我が家では、白いケースを使っています。というのも、白だとシンプルでおしゃれですし、水回りは白い製品が多いので色味が合うからです。

実際にはこんな感じに置いています。↓

なぜペーパータオルケースがよいのか?

結論としては、ペーパータオルケースのふたの重みで、袋を潰してくれるからです。

というのも、ペーパータオルが落ちてしまうのは、紙の量が少なくなったときに、袋の中に、取り出し口と残りの紙の間にスペースができてしまうからなんです。

そこで、ペーパータオルケースのふたを使うと、ふたの重みで袋が潰れ、このスペースを無くしてくれます。

その結果、紙が落ちてしまうことがなくなるのです。

設置の仕方

ケースの使い方は簡単で、ペーパータオルを袋から出さずに、ケースに入れておしまいです。

①:まず、ペーパータオルケースを買います。

②:ケースにペーパータオルをそのまま、入れます。

③:最後に蓋をしておしまいです。簡単ですね!

おわりに

今回はペーパータオルを取り出しやすくする方法を解説しました。ぜひ使ってみてくださいね。

-ライフハック

© 2021 たおさんのMyanmar Life