ライフハック

簡単!iPhoneの標準ブラウザを変更する方法

たお

iPhoneの標準ブラウザがデフォルトでSafariになっているけど、他のブラウザに変更できないかなぁ...?

本記事では、このような疑問に答えていきます。

本記事の内容

今回は、iPhoneで標準ブラウザをSafariから他のブラウザへ変更する方法を解説します。

というのも、iPhoneで他のアプリからブラウザに飛ぶと、必ずSafariで開く仕様になっています。

私はブラウザをGoogle Chromeを使っているので、とても不便に感じていました。

しかし、実はiOS14から、標準ブラウザをSafariから変更できるようになりました。

そのため、今回はその設定変更のやり方を説明します。

本記事の信頼性

本記事は、筆者が実際にiPhoneでGoogle Chromeを利用しており、デフォルトブラウザを変更した経験に基づいて、執筆しています。

標準ブラウザの変更手順

今回は、SafariからGoogle Chromeへの変更方法を記載していますが、他のブラウザの場合でも同じですので、Chromeをお使いのブラウザ名に読み替えてください。

手順①:設定を開く

iPhoneの設定(⚙)を開きます。

手順②:Chromeの設定を開く

設定をずっと下へスクロールします。

すると、アプリ名で並んでいますので、その中から「Chrome」をタップします。

※他のブラウザをお使いの場合は、お使いのブラウザを探してください。

手順③:デフォルトのブラウザ設定を変更する

画面中央にある「デフォルトのブラウザApp」をタップします。

「Chrome」にチェックを入れます。

これで設定完了です。

Twitterの場合

Twitterでは、タイムライン内のURLをタップすると、アプリ内ブラウザで開きます。

アプリ内ブラウザ右下にあるSafariのアイコンをタップすると、デフォルトではSafariへ飛べるようになっています。

しかし、この設定を行った後は、Google Chromeで開くようになります。

トラブルシューティング

実は、iOS 14.0では、iPhoneを再起動すると、標準ブラウザの設定がSafariに戻ってしまうという不具合(バグ)が報告されています。

iOS 14.0.1をインストールすると、このバグが解消されます。

iOS 14.0、iPadOS 14.0では、iOSデバイスを再起動すると、これらの変更がSafariに戻ってしまうバグがある。メーラーのデフォルト変更にも同様のバグが存在する。

iOS 14、iPadOS 14ではデフォルトブラウザをSafari以外に変更可能 ただし再起動不可 - ITmedia NEWS

Adsense Block

Adsense Block

-ライフハック

© 2021 たおさんのMyanmar Life