ライフハック

日本から香港にEMSを送ったときの日数

2020-04-25

たお

今、日本から香港にEMSを送ったら何日で届くんだろう...?

本記事では、このような疑問に答えていきます。

本記事の内容

今回は、日本から香港へEMSを送ると何日かかるかについて調べましたので、解説します。

というのも、世界的に新型コロナウイルスが拡大しており、世界各国で国際郵便物の受入の停止や遅延が発生しています。

その結果、世界的に国際郵便物の遅延が生じています。

今回、香港に送る書類があったため、時間はいくらかかってもよいのでEMSで送ってみました。

その結果、相手に届くまで、実際にどのくらいの日数がかかったのか、お伝えします。

本記事の信頼性

本記事は、筆者が実際に日本から香港へEMSを送付したときの経験に基づいて、執筆しています。

筆者がEMSを送ったのは2020年4月です。

実際にかかった日数

結論としては、なんと4日で届きました。その時の問い合わせ番号の検索結果が以下の通りです。

数ヶ月はかかるかな、と覚悟して送付したのですが、実際にかかったのはわずかに4日だけ、大変驚きました。

もちろん、送る先の国によって事情は異なるので、今回は恵まれていたんだと思います。

それでもほぼ通常と変わらない日数で届いたことにびっくりしました。

送り方

送り方も、通常時と変わりません。郵便局の窓口へ行き、EMSを送付したい旨を伝えます。

すると、係員の方から、香港向け郵便の状況をご丁寧に教えていただきました。

日本から香港向け国際郵便物は、下記の状況と説明頂きました。

  • 日本から発送するまでに遅延が発生していること
  • 非対面での受け渡しとなること

これでも構わないかを聞かれ、了承します。そして、料金を支払いして終わりです。

現在の状況(2020年11月)

2020年11月13日現在で、下記の通りです。

現在、日本から香港へのEMSや国際郵便については、もう新型コロナウイルスの拡大前と同等まで戻ってきていますね。

今後変更する可能性も十分ありえますので、最新状況は下記のWebサイトよりご確認ください。

取り扱いをしている郵便物

・通常郵便物(書留・保険付を含む):航空扱い、船便扱い
・小包郵便物:航空扱い、船便扱い
・EMS

国・地域別の差出可否 - 日本郵便

日数

・差出地:東京都、お届け先:香港、送るもの:書類、重量10グラムの場合

・EMS(国際スピード郵便)

・料金:1,400円

・お届け日数:2日

料金・日数を調べる - 日本郵便

-ライフハック

© 2021 たおさんのMyanmar Life