ライフハック

【ビットコイン】仮想通貨の出口戦略を考えてみた【BTC】

2020-02-15

たお

ビットコインを持ってみたんけど、どのタイミングで利確をしたらいいんだろう?

本記事では、このような疑問に答えていきます。

本記事の内容

今回は、仮想通貨の出口戦略として、いつ利確すべきかを簡単にシミュレーションをしてみましたので、その考え方をご紹介します。

近年、ビットコイン(BTC)をはじめ仮想通貨が話題になっており、特にBTCについては、2020年5月中頃に半減期が来た後、長期的に価格上昇するかもしれない、とも言われています。

ビットコインの半減期という表現は、マイニング報酬という形で市場に供給されるビットコインの供給量が半分に減ることを意味します。

つまり、半減期を過ぎた後の供給量は半分に減少するので、それに対する需要が比例して減少しない場合は価格が上昇する可能性があります。

(中略)

ビットコインはすでに 2 回 半減期を経験しており、今回が 3 回目です。次のビットコイン半減期では、マイニング報酬が 1 ブロックあたり 12.5 BTCから 6.25 BTC に半減します。過去の半減期には BTC 価格が急騰した歴史もあることから直近で投資家が注目しているイベントの一つです。

2020 年 5 月に迫る! ビットコインの半減期と価格への影響とは|bitFlyer Blog

もちろん、価格の上昇は可能性があるというだけであり、保証されたわけではなく、予期せず暴落する可能性もあります。

そのため、利確タイミングおよび利確方法について考え方をまとめておきます。

シミュレーション例その1

ビットコインがいくらの時に利確すればいいのか、いくつかパターンを考えてみました。

シミュレーション前提

  • 1BTC=120万円のときに、0.9BTC(=108万円分)を購入した。
  • 現在のレートは1BTC=112万円。
  • 現状は7.2万円の損失。
    108-112*0.9=7.2

利確タイミング

候補としては下記6つあります。

利益確保

  • ①:利益最大化
    利益率20%であれば、1BTC=144万円のときに利確する。
    ・利益:120*0.9*20[%]=21.6万円
    ・利確レート:21.6/0.9+120=144万円/BTC
  • ②:利益がある程度のところで利確
    利益率10%を狙うなら、1BTC=132万円のときに利確する。
    ・利益:120*0.9*10[%]=10.8万円
    ・利確レート:10.8/0.9+120=132万円/BTC

プラスマイナス0

  • ③:損失が一番少なくなるところ(利益0)で撤退
    利益0なら、1BTC=120万円のときに利確する。

損切

  • ④:利益がマイナスのところで利確する
    利益率-5%なら、1BTC=114万円のときに利確する。
    ・利益:120*0.9*-5[%]=-5.4万円
    ・利確レート:-5.4/0.9+120=114万円/BTC
  • ⑤:今利確する
    1BTC=112万円/BTCで利確する。
    ・利益:(112-120)*0.9=-7.2万円
    ・利確レート:112万円/BTC
  • ⑥:利益が出るまでガチホ
    利益確保の①か②のいずれかに上昇するまでホールド。

原資を最低ラインと考えると、長期戦覚悟で下記対応とします。

  • 価格が上昇し、③を超えるなら、損切ラインを③に設定。
  • 価格がさらに上昇するようであれば、②を利確ラインとする。上昇しなければ、③を利確ラインにしてホールド。これで最悪利益0で収支はマイナスにはならない。
  • ③を超えない場合は、ひたすらホールド。

シミュレーション例その2

つづいて、ビットコインの価格があまり伸びなかった場合に、他の仮想通貨で取り戻す方法を考えてみます。

今回は、ビットコインキャッシュ(BCH)を例に、シミュレーションを実施します。

シミュレーション前提

  • 1BTC=120万円のときに、0.9BTC(=108万円分)を購入した。
  • 現在のレートは1BTC=112万円。
  • 現状は7.2万円の損失。
    108-112*0.9=7.2
  • 利益率10%を狙いたい(10.8万円)
  • BCHで利益を狙う。
  • USD=USDTとする。
  • BCH購入に3.5%の手数料がかかるとする。
  • 1ドル109.67円とする。

シミュレーション内容

  • BCHを、1BCH=200USDTの時に購入し、1BCH=300USDTの時に売却する。
  • このとき、利益10.8万円を出すには、いくら分購入する必要があるか?
  • 1BTC=120万円のままとする。

シミュレーション結果

シミュレーション結果は下記の通りです。

現状、7.2万円のマイナスがあるため、利益10.8万円を狙うにはトータル18万円の利益を取る必要があります。

そのため、結論としては、約38.7万円分の追加投資が必要です。

まとめ

  • 1BTC=112万円のときに手持ちの0.9BTCを売る。
  • 1BCH=200USDの時に、17.6BCH購入する。
  • 1BCH=300USDの時に、17.6BCH売却する。

退場する方法

①BTC→日本円へ換金

日本の一般的な仮想通貨取引所で換金する。

②ビットコインATM

海外にしかなく、総じて手数料が高いのでお勧めしません。

Bitcoin ATM Map – Find Bitcoin ATM, Online Rates

税金

仮想通貨は利確時の利益で雑所得がかかります。下記サイトが分かりやすいです。

仮想通貨を売却した時点で所得が発生します。売却したときの価格と取得価額との差額が所得額となります。
(仮想通貨の売却価額)ー(仮想通貨の1単位あたりの取得価額)× 数量 = 所得額

【2020年対応】仮想通貨の税金の基本|税理士がわかりやすく解説 | Aerial Partners

-ライフハック

© 2021 たおさんのMyanmar Life