ライフハック

Googleカレンダーでカレンダーを一般公開する方法

2019-11-15

たお

Googleカレンダーを外部へ公開したいんだけど、どうやってやればいいのかな?手順が知りたいな。

本記事では、このような疑問に答えていきます。

本記事の内容

今回は、Googleカレンダーで、自分の予定を公開する方法を解説します。

本記事の信頼性

本記事は筆者が公開用のGoogleカレンダーを作成し、実際に公開したときの経験に基づいて執筆しています。

私の場合、ミャンマーの祝日をGoogleカレンダー形式で一般公開しています。

【2021年版】ミャンマーの祝日とGoogleカレンダーへ登録する方法 - たおさんのMyanmar Life

【2020年版】ミャンマーの祝日とGoogleカレンダーへ登録する方法 - たおさんのMyanmar Life

カレンダーを一般公開する方法

手順①一般公開用のカレンダーを作成する

あらかじめ、一般公開用のカレンダーを作成しておきます。

今回は「ミャンマーの休日」というカレンダーを作成しています。

参考:CSVファイルから予定をインポートする方法

下記記事にて、CSVファイルから予定を一括で作成する方法を解説しています。

手順②Googleカレンダーの設定を開く

Googleカレンダーを開き、右上の「⚙(歯車)マーク」→「設定」をクリックします。

手順③一般公開するカレンダーを選択する

左側のメニューから、公開したいカレンダーをクリックします。

手順④アクセス権限を設定する

スクロールし、アクセス権限の項目にて、「一般公開して誰でも利用できるようにする」にチェックを入れます。

手順⑤カレンダーを共有する

カレンダーを共有する方法として2つの方法があります。

  • 方法1:Googleカレンダーとして共有する方法
    閲覧する側が、スケジュール管理にGoogleカレンダーを使っている場合
  • 方法2:iCal形式で共有する方法
    閲覧する側が、OutlookやMacのカレンダーなどのスケジュール管理用のソフトを使っている場合

方法1:Googleカレンダーとして共有する方法

アクセス権限の項目にある、「共有可能なリンクを取得」をクリックします。

すると、一般公開用のURLが発行されますので、このURLを共有したい人に知らせます。

方法2:iCal形式で共有する方法

下にスクロールすると、カレンダーの統合という項目の中に、iCal形式の公開URLがあります。

このURLを共有したい人に知らせます。

-ライフハック

© 2021 たおさんのMyanmar Life