ライフハック

【iPhone】水に落とした後にスピーカーが音割れするときの対処方法【水濡れ】

2020-05-04

たお

iPhoneを水に落としてしまった、、、その後からスピーカーの音が割れるようになってしまったなぁ...。どうにかして直せないかなぁ?

本記事では、このような疑問に答えていきます。

本記事の内容

本記事では、iPhoneを水に落としてしまった際に、スピーカーが音割れしてしまう現象を解決します。

というのも、iPhone7以降のiPhoneには防水機能が備わっています。

実際に私もiPhone11を使っており、先日iPhone11を川の中へ落して水没させてしまいましたが、その後も問題なく使えていました。

しかしながら、音楽や動画を流した時、何か違和感を感じました。

よく聞いてみると、スピーカーが音割れしていることに気づきました。

今回はその時の経験から、実際にスピーカーの音割れを治したその対処方法をお教えしたいと思います。

今回のゴール

実は、iPhoneには、上側のイヤースピーカーと、下側のスピーカーの、2つのスピーカーがあります。

下の画像で赤で囲った部分がスピーカーです。

今回は、この両方のスピーカーの音割れを治すことをゴールとします。

出典:iPhoneユーザガイド - Apple サポート

※ちなみに、iPhoneの底には、Lightningコネクタ左側にもスピーカーがあるように見えますが、実はこれはマイクなんだそうです。

対処方法

音割れする原因は、スピーカーに水が入ってしまっていることです。

そのため、スピーカーから水を排出しなければなりません。

最も簡単なやり方は、アプリを使って、iPhoneとスピーカーを振動させて、水を排出させる方法です。

今回はその方法を解説します。

手順①アプリのインストール

まず、Sonic Ⓥというアプリをダウンロードし、インストールします。

Sonic Ⓥ

Sonic Ⓥ

Von Bruno無料posted withアプリーチ

手順②アプリの起動

アプリを起動し、周波数を165kHzにセットします。

周波数を変更するには、上下にスワイプすることで数字が大きい範囲で変わり、左右の「+」「ー」をタップすることで細かく調整できます。

手順③音を鳴らす

スピーカーの音量を最大にし、PLAYをタップします。

すると、スピーカーが振動し、水滴を排出し始めます。

スピーカーに指を当ててみると、スピーカーが振動していることが分かります。

この状態で5分ほど放置します。

すると、なんと段々とスピーカーから水滴が出てきます。

手順④音割れの確認

試しに、音楽を再生してみます。

下側のスピーカーを確認するため、上側のスピーカー(イヤースピーカー)を指で押さえ、下側のスピーカーを重点的に聞いてみます。

すると、下側は音割れが無くなっていました。

しかし、反対に下側のスピーカーを指で押さえてみると、イヤースピーカーはまだ音が割れている状況です。

手順⑤再度音を鳴らす

次は、真ん中にある水滴ボタンをタップして、音量を最大にして5分ほど放置します。

結果、無事音割れが解消していました!

もし治らない場合は、手順③と手順⑤を時間を長めにやってみてください。

-ライフハック

© 2021 たおさんのMyanmar Life