ライフハック

【WordPress】画像のアップロード方法と注意点

たお

WordPressで画像を挿入したいんだけど、どうやるんだろう?

たお

新しいエディタでの画像の入れ方が良く分からないなぁ...

本記事では、このような疑問に答えていきます。

本記事の内容

今回は、WordPressのブロックエディタのGutenberg(グーテンベルク)で画像を挿入する方法を解説します。

というのも、グーテンベルクの使い方に慣れていない方も多いと思うからです。

また、セキュリティの面で、個人的に気になる点が1つあります。

それは、記事に画像を挿入せず、メディアライブラリにアップロードのみをした場合に、公開されるのかどうか、という点です。

今回はこちらも検証しましたので、併せて記事中で解説したいと思います。

画像の挿入方法

手順①画像ブロックを選択する

新しい投稿を開き、ブロック右側の「+」をクリックします。

すると、小さいウィンドウが開くので、「画像」をクリックします。

すると、下記のように、画像というブロックに変わります。

手順②画像をアップロードする

挿入したい画像ファイルを、先ほどの画像ブロックへ、ドラッグ&ドロップします。

手順③アップロード完了を確認する

アップロードが完了すると、ブロックがアップロードした画像ファイルに置き換わります。

これでアップロード完了です。

検証:画像をアップロードだけした場合に閲覧できるのか?

WordPressを使っていて、1点疑問がありました。

それは、画像をアップロードだけを行い、記事に挿入しなかった場合にどうなるのか、いう点です。

というのも、誤った画像をアップロードしてしまったり、一度アップロードしたのちに編集して再度アップロードし直したり、などといった場合があります。

この場合に、古いファイルはメディアライブラリに残り続けますが、アクセス権はどうなっているのでしょうか?

早速検証してみます。

実際に検証してみた

まず、下記の様なテスト用の画像を準備し、実際にWordPressへアップロードしてみます。

メディアライブラリに追加されました。

右側の添付ファイル詳細から、画像ファイルのURLが発行されます。

「URLをコピー」をクリックして、直リンクを取得します。

このURLにアクセスしてみたところ、なんと、記事を公開していないにも関わらず、アクセスできてしまいました。

結論

この結果から、WordPressでは画像をアップロードすると、アップロードした瞬間からインターネット上(すなわち、全世界)に公開されるということを意味します。

そのため、画像のアップロード、特に個人情報や顔写真が入った画像をアップロードする際には、十分注意する必要があるということです。

すなわち、もし誤ってアップロードしたした場合は、即座に画像を削除をしてください。

画像の削除方法

メディアライブラリを開き、右側のメニューから「完全に削除する」をクリックします。

すると、ファイルを削除できます。

-ライフハック

© 2021 たおさんのMyanmar Life