Microsoft Teams

【Microsoft Teams】テーマカラーを変更する方法

2020-06-27

たお

Microsoft Teamsの見た目を変えたいんだけど、どうやってやるんだろう?

本記事では、このような疑問に答えていきます。

本記事の内容

今回は、Microsoft Teamsの見た目(外観)を変える方法をご紹介します。

というのも、Microsoft Teamsといえば、メインウインドウもアイコンも、紫と白という色の組み合わせが特徴的となっています。

しかし、実はTeamsではテーマと言って、ウインドウの色を変更することができます。

今回は、PC版とスマホのアプリ版についてそれぞれテーマの変更のしかたをご紹介します。

本記事の信頼性

本記事は、筆者がMicrosoft Teamsを利用しており、実際にテーマを変更した経験に基づいて執筆しています。

PC版の場合

Teamsには、既定、ダーク、ハイコントラストの3つのテーマがあります。

変更手順

①設定を開く

「右上のアイコン」→「設定」をクリックします。

②テーマを選ぶ

既定、ダーク、ハイコントラストから、好みのテーマを選択します。

最後に、×をクリックして設定を閉じます。

①既定

デフォルトの色です。デフォルトで、馴染みがあります。

②ダーク

紫と黒がベースの色となっています。

Windowsのデスクトップを黒系のテーマにしている場合は、色が合ってカッコいいです。

③ハイコントラスト

弱視の方に向けたテーマです。

淡いコントラストの文字が見づらい場合があるので、このようなモードが用意されています。

テキストのコントラストが低いと、弱視の方にとっては読みにくい場合があります。たとえば、黒の背景に青色のリンクなど、色の組み合わせが適切でない Web サイトも存在します。このようなサイトの文字を読むことは、健常視力者であっても難しく、弱視の方にとっては事実上不可能になります。コントラストの高い組み合わせで色を使うと、PC からすばやく簡単に文字を読み取れるようになります。

Windows 10 のハイ コントラスト モードを使用する

モバイルアプリ版の場合

モバイルアプリ版の場合は、既定とダークテーマの2つのみで、ハイコントラストモードがありません。

変更手順

①設定を開く

左上の「三」をタップしてメニューを開き、「設定」をタップします。

②ダークテーマを選ぶ

「ダークテーマ」にする場合は、設定の一番上にある「ダークテーマ」をONにします。

Teamsの便利な使い方

最後に、Teamsの便利な使い方について、いくつか記事を記載しました。参考程度ですが、気になる記事があればぜひお読みください。

Adsense Block

Adsense Block

-Microsoft Teams

© 2021 たおさんのMyanmar Life