ライフハック

【iPhone】写真へ位置情報が埋め込まれる設定をオフにする方法

2019-11-21

たお

「iPhoneで写真を撮影するとき、GPSの位置情報も一緒に保存されると聞きました。個人情報が特定されるのが怖いので、設定をオフにしたいです。やり方を教えてください。」

本記事では、このような疑問に答えていきます。

本記事の内容

今回は、iPhoneをお使いの方に向けて、写真撮影時に画像へ埋め込まれる位置情報を入れないようにする方法を解説します。

というのも、iPhoneで写真を撮影すると、GPSの情報(位置情報)を写真の中に埋め込むことができます。

しかし、ブログにアップしたり、友達へ送信する際に、位置情報がバレる可能性があります。

そのため、本記事では、位置情報を埋め込みたくない場合の設定について、解説を行います。

反対に、写真へ位置情報を記録させるようにしたい場合も、同じ手順で設定できます。

本記事の信頼性

本記事は、筆者が実際にiPhoneを利用しており、位置情報の記録について設定した経験に基づいて執筆しています。

Exifについて

スマートフォンなどで撮影した写真には、写真の画像データ以外にも、位置情報や撮影した日時、スマートフォンの機種名などの情報も合わせて記録されています。

この写真に埋め込まれる情報をExif(イグジフ)と言います。

Exifは、写真を管理する上では非常に便利な機能なのですが、写真をネット上にアップするとなると話が変わります。

というのも、例えば自宅で撮影した写真などから、位置情報が特定される可能性があるためです。

そのため、Exifの取り扱いには、気を付けなければなりません。

参考:大手SNSサイトの対応状況

Facebook、Twitter、Instagramで写真アップ時にExifが自動削除されるのか、対応状況を別の記事にて解説しています。

設定手順

手順①プライバシーを開く

「設定」を開き、「プライバシー」をタップします。

手順②位置情報サービスを開く

「位置情報サービス」をタップします。

手順③カメラを選択する

画面を下へスクロールさせ、「カメラ」をタップします。

手順④位置情報の埋め込みをオフにする

「位置情報の利用を許可」を「なし」にチェックを入れます。

これで、カメラで撮影したときのGPSの記録が止まります。

参考:位置情報の埋め込みをオンにする

反対に、「位置情報の利用を許可」を「このAppの使用中のみ許可」にすると、カメラで撮影したときに、写真へGPSが記録されるようになります。

-ライフハック

© 2021 たおさんのMyanmar Life