ライフハック

無料!Googleキーワードプランナーの登録方法と使い方

たお

Googleのキーワードプランナーってどんなツールなのかな?

使うのに利用登録が必要みたい。登録の仕方が知りたいな。

本記事では、このような疑問に答えていきます。

本記事の内容

今回は、Google広告の機能の1つである、キーワードプランナーについて、初期登録方法と使い方を解説していきます。

というのも、ブログを書いている方にとって、キーワードの選定は非常に重要だからです。

本記事の信頼性

本記事は、筆者がキーワードプランナーを導入したときの経験を基に執筆をしています。

また、実際に筆者は記事を書く前には、必ずキーワードプランナーを使い、読者のニーズを調べています。

キーワードプランナーの必要性

いくらブログで良い記事を書いたとしても、その記事自体が見られなければ、世の中に知れ渡ることはありません。

では、どうすればよいのかというと、読者となるユーザーのニーズに対して、自分の記事がマッチングできれば、アクセス数は上がっていきます。

というのも、ユーザーは、何か調べたいことがあると、検索サイトで単語を入力して検索します。端的に言うと、ググります。

その自分の記事が、ユーザーの調べたいことを解決できれば、ベストですよね。

この「ユーザーによってググられる言葉を想定すること」がキーワード選定なのです。

ただし、言葉は星の数ほどありますので、どの言葉がどのくらいの頻度で検索されるのか、という当たりを付けられたら、便利ですよね。

この検索される頻度(検索ボリューム)を調べるに役立つのが、キーワードプランナーなのです。

キーワードプランナーの登録方法

実際にキーワードプランナーを使ってみましょう。

キーワードプランナーはGoogle広告の機能の1つであるため、利用前にGoogle広告の登録が必要になります。

今回は、その登録方法を解説します。

Google広告へ登録するには支払い情報の登録が必須になりますが、ツール自体は無料で使えます。

手順①Google広告へアクセスする

Google広告へアクセスし、「今すぐ開始」をクリックします。

手順②登録情報を入力する

「ウェブサイトでの商品購入や申し込みを増やす」をクリックします。

サイト名とURLを入力し、「次へ」をクリックします。

地域を選び、「次へ」をクリックします。日本だけで大丈夫です。

サイトに関連するキーワードを入力します。

広告プレビューを見ながら、広告の見出しと説明を入力します。広告を出すわけではないので、ざっくりで構いません。

続いて、もし広告を出した場合に掛かる費用が表示されます。こちらも実際に出すわけではないですが、設定する必要があるので入力します。

最低額に設定したいので、「予算を自分で入力」をクリックし、0円や1円などと入力してみます。

すると、エラーメッセージが出て、最低設定金額が分かりますので、その金額にて設定します。

設定できたら「次へ」をクリックします。

支払い情報や住所などの個人情報を登録します。

「キャンペーンを確認」をクリックします。

手順③広告の表示を止める(超重要)

本手順をしないと、課金されてしまうため、必ず一時停止状態にしてください。

「保留中」をクリックします。

「キャンペーンを一時停止」をクリックします。

「一時停止」になりました。

手順④エキスパートモードに切り替える

右上の設定より、「エキスパートモードに切り替える」をクリックします。

「エキスパートモードに切り替える」をクリックします。

手順⑤キーワードプランナーへ移動する

右上の「ツールと設定」より、キーワードプランナーをクリックします。

キーワードプランナーの使い方

ここでは、キーワードプランナーの基本的な使い方をご紹介します。

まず、「新しいキーワードを見つける」をクリックします。

検索ボリュームを調べたいキーワードを入力し、「結果を表示」をクリックします。

すると、各キーワードに対する検索ボリュームが表示されます。

-ライフハック

© 2021 たおさんのMyanmar Life