ライフハック

iPadのバッテリー診断をする方法

たお

iPadのバッテリー状態をチェックする方法はないのかな?

本記事では、このような疑問に答えていきます。

本記事の内容

今回は、iPadのバッテリーの状態を調べる方法について、解説します。

というのも、iPhoneでは、設定→バッテリーから、バッテリーの最大容量を調べることができます。

しかし、iPadではこの機能がなく、バッテリーの最大容量を調べることができません。

そこで、今回はMacをお持ちの方に向けて、バッテリー状態をチェックする方法を解説します。

本記事の信頼性

本記事は、筆者が実際にiPadのバッテリー状態をチェックした経験に基づいて執筆しています。

やり方

今回は、MacでcoconutBatteryというソフトウェアを使って、バッテリー状態を診断します。

手順①:coconutBatteryをダウンロードする

coconutBatteryの公式サイトへアクセスし、「Download」をクリックします。

手順②:iPadをMacへ接続する

Lightningケーブル使って、iPadをMacへ接続します。

手順③:coconutsBatteryを起動する

coconutsBatteryを起動します。

手順④:iOS Deviceを開く

iOS Deviceタブをクリックします。

すると、接続したiPadについてのバッテリー情報が表示されます。

表示の見方

バッテリー状態をチェックするには、特に下記の2項目を確認します。

ポイント

  • Design Capacityの下にあるバー
  • Cycle Count

詳細を説明します。

Design Capacityの下にあるバー

Design Capacityの下にあるバーは、バッテリーの現在の最大容量を示すものです。

製造時の最大容量(Design Capacity)を100%としたときに、現在の最大容量はいくつか、ということを表します。

写真の場合は、94.1%と、新品のときの状態と比べて、5.9%劣化している、と言えます。

※ちなみに、現在の最大容量[%]=Full Charge Capacity / Design Capacity × 100で計算できます。

上記の例だと、8307/8827×100=94.1[%]と計算されています。

Cycle Count

Cycle Countは、バッテリー容量の100%相当を使い切ったときを1回サイクルとし、それが何サイクル行われたか、を示す値です。

日本語では、充電カウントや充電サイクルともいいます。

なぜがCycle Countが重要かというと、Cycle Countもバッテリーの劣化具合を示す指標の1つだからです。

というのも、iPadは、下記の様に、サイクルを1,000回繰り返しても、最大容量が80%に抑えられるように、バッテリー設計されています。

iPadオーナーの方

iPadのバッテリーは、フル充電サイクルを1,000回繰り返した時に、本来の容量の最大80パーセントを維持できるように設計されています。

バッテリー - サービスとリサイクル - Apple(日本)

バッテリー状態が悪かった場合

バッテリー状態をチェックして、最大容量が80%未満だったり、充電サイクルが1,000回に近いようなら、バッテリー寿命と考えられます。

また、診断状態に異常がなくとも、明らかに以前より電池の持ちが悪くなった場合は、経年劣化が考えられます。

その場合は、

  • ①:修理に出す
  • ②:諦めて新品を買う

という2通りの方法があります。

①:修理に出す

Apple Care+に入っている場合、バッテリー交換が安価でできるかもしれません。

また、入っていなくとも、まずは金額を確かめるために、Appleの修理サポートへ問い合わせをしてみることをお勧めします。

ただし、入っていない場合は、金額がかなり高額なることが予想されます。

その場合は、あいさぽなどの修理業者に依頼すると、Appleより安価に抑えられます。

安心の修理実績25万台超!【iPhone修理あいさぽ】

②:新品を買う

新品を買うなら、ヤマダ電機amazonだとポイントが付与されるため、お得に購入できます。

また、古いiPadは中古でも意外に高く買い取ってくれます。例えば、ネットオフのブランド&総合買い取りコースでは、インターネットで送料無料で買い取りしてくれます。

【手数料・送料無料】携帯電話・スマートフォン売るならネットオフ♪

-ライフハック

© 2021 たおさんのMyanmar Life