ライフハック

Googleアドセンスで広告の数が制限された時の対処方法

2021-01-30

たお

Googleアドセンスを使っているんだけど、「広告配信を制限しました」というメールが届いた...。どうやって解決したらいいんだろう?

本記事では、このような疑問に答えていきます。

本記事の内容

今回は、Googleアドセンスで広告の数が制限されてしまった方へ向けて、対処方法を解説します。

結論としては、下記2つを実施します。

  • ①:Googleアナリティクスで異常クリックを調査する
  • ②:Googleへ報告する

これによって、広告制限が解除される可能性があります。

というのも、Googleは何が問題か、どうすれば解除されるのかを教えてはくれません。

なので、報告した後は、解除されるのを祈りながら待つしかありません...

いずれにしても、何も対処をしないと解除もされないので、この記事では分析と報告方法を解説します。

本記事の信頼性

本記事は、筆者が実際にGoogleアドセンスを利用しており、広告の数が制限された時の経験に基づいて執筆しています。

事象

Googleから嫌な知らせが...

突然、Googleアドセンスから、下記の様なメールが届きました。

お客様の AdSense アカウントでの広告配信を制限しました

お客様

先日、お客様の AdSense アカウントで無効なトラフィックが検出されました。Google ではこの事態を受け、お客様のアカウントでの広告配信を制限いたしました。今後もお客様のサイトのトラフィックは継続的にモニタリングされ、配信制限は Google 側で自動的に見直しおよび更新されます。

突然のことで何のことやら、といった感じで、びっくりしました。

Googleアドセンスは?

Googleアドセンスにログインすると、同じようにエラーメッセージが表示されています。

表示できる広告の数が制限されています。詳しくは、ポリシー センターをご確認ください。

ポリシーセンターを見てみると、「無効なトラフィックの問題」というエラーが出ていました。

表示できる広告の数が制限されています
詳細
お客様のアカウントでの広告配信は、無効なトラフィックの問題により現在制限されています。今後もお客様のサイトのトラフィックは継続的にモニタリングされ、配信制限は Google 側で自動的に見直しおよび更新されます。詳しくは、広告配信の制限についての記事をご覧ください。

対応策

広告トラフィックとサイト訪問者を把握してください。ご自分の広告は決してクリックせず、信頼できない業者、質の悪い業者との提携を避けましょう。詳しくは、無効なトラフィックを防止する方法についての記事をご覧ください。通常、この広告配信の制限がお客様に影響を与える期間は 30 日未満ですが、それ以上となる場合もあります。

アドセンス狩りとは?

Googleアドセンスでは、自身で広告をクリックすることは規約違反となりますので、私自身には全く身の覚えはありません。

実は、第三者が広告を短期間に・大量に・不正にクリックを行う行為は「アドセンス狩り」と呼ばれ、運営者のアカウント停止などに追い込む手段として使われます。

身に覚えのないアドセンス狩りに出くわすと、数週間広告表示が停止するため、収益に大きな影響を受けるサイトもあると思います。

そこで、今回は、このアドセンス狩りに合った時の対処方法をご説明します。

対処方法

私が経験した傾向として、下記の2つのパターンがありました。

  • パターンA:CTR率(Click Through Rate;クリック率)が異常に高いユーザーがいる
  • パターンB:クリック数が異常に多い日がある

どちらも特定ユーザーが、広告を多数クリックしているケースが多いため、このユーザーを特定します。

手順①:分析する

まずはGoogleアナリティクスにアクセスします。

左側のメニューで、「集客」→「すべてのトラフィック」→「参照元/メディア」とクリックします。

「Adsense」をクリックし、「クリックされたAdSense広告」を選択します。

最後に、右上で「表示日」を変更します。まずはGoogleからメールが来た直近1週間をなどであたりを付けるのが良いと思います。

すると、1/7にクリック数が異常に増えています。

さらに、詳細を見てみます。プライマリディメンションを「その他」→「市区町村」にし、「クリックされたAdSense広告」でソートします。

すると、特定の都市にて、突出して広告がクリックされています。

更に、右上で1/7に絞ると、この1日だけで159回もクリックされています。

クリック数が異常が見られない場合は、CTRでソートした際に、異常なトラフィックになっている場合もあります。

手順②:ユーザーを特定する

上記のように、特定の都市からアクセスが増えた場合、少数ユーザー(1〜3名程度)が広告をたくさんクリックしている可能性が高いです。

そこで、このユーザーの特定を行います。

上記の例では、1/7に多数クリックされています。

そのため、1/7のFujiokaからのアクセスで絞り込みます。

左側メニューにて、「ユーザー」→「ユーザーエクスプローラ」→「+セグメントを追加」をクリックします。

「新しいセグメント」をクリックします。

①:右上の日付を変更します。
②:「条件」→「市区町村」→絞り込みたい市区町村名を入力します。すると、下記のようにユーザーが1名に絞られました。
③:フィルタ名を入力し、保存します。

クライアントIDをクリックします。

すると、ユーザーレポートが表示されます。このユーザーをGoogleへ報告します。

手順③:報告する

Googleの無効なクリックの連絡フォームにて、必要情報を入力し、報告します。

  • 氏名:アドセンスに登録した自分の名前
  • メールアドレス:メールアドレスを入力
  • サイト運営者ID:アドセンスのIDを入力
  • 広告コードが表示されているURL:自分のサイトのURLを入力
  • トピック:「アカウントで発生する、通常とは異なる動作をレポートする」を選択
  • クリックが発生した日時:ユーザーレポートにある日時を入力
  • 無効なクリックの疑いがあることを示す当該部分:特定ユーザーによって1日にAdsenseの広告クリック数が159回もある
  • 不正な操作の原因と考えられる疑わしいアクセスに関するトラフィックログやレポートのデータをご記入ください
    クライアントID:xxxx BigQuery クライアント ID:xxx

その後

報告した後は、解除されるのを祈りながら待つしかありません...。

ネットを見てみると、早い人だと1週間程度ですが、私は1ヶ月まるまるかかりました...。

-ライフハック

© 2021 たおさんのMyanmar Life